口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMのキャンセルは可能?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/25

お店などの宣伝をする場合、FAXDM業者にファックスのダイレクトメールを送信してもらう方法がありますが、途中でやむを得ずキャンセルをしなければならないことがあります。このような場合、キャンセルをすることができるでしょうか。

契約前は高い確率でキャンセルが可能

FAXDMをしたい場合には、まず業者を選定し見積もりをお願いすることからスタートしますが、通常見積もり自体は契約に含まれていません。そのため見積もりの段階でキャンセルをしても問題はありません。

違約金についても、そもそも契約に含まれていない以上はまず発生することはありえないでしょう。もしその段階で違約金が発生するとすれば、契約書にその旨が記載されている場合に限られます。

もちろん見積もりの段階で契約書を取り交すことは考えにくいため、基本的にはキャンセル可能でしょう。

契約が成立した場合はどのように対応するか

ファックスのダイレクトメールを送信しようとする場合、まず見積もりを取りますがその段階で問題なければ契約が成立します。契約が成立した場合は、お互いに書面の交わすことになるでしょう。また、口約束だけで契約を成立させることも可能ですが多くの業者は、後で顧客との関係でトラブルになることを避けるため、この段階で契約書を交わします。

そして、その契約書の重要になる部分に関して業者は説明する義務があります。もし説明をしていない場合には、顧客の方からキャンセルを申し出ても問題ないと言えるでしょう。

もちろん違約金等が発生することがありません。契約をした後はいろいろな段階がありますので、どの段階でのキャンセルかにより違約金の発生の有無が決まってくるところです。

例えば、FAXDMの契約をしたけども、翌日になりやはり気分が変わって別のところにしようと考えている場合や、資金繰りが怪しくなってしまったためこのままFAXDMの契約をするのは難しいと感じることがあります。このような場合には、基本的に契約を取り消すしかありません。初期の段階の場合には、大抵違約金が発生せずそのままキャンセルが可能になります。

次に、契約をしてから本格的に稼働してしまった場合はどのように考えるかが問題になります。本格的に稼働しているとは、例えばある程度チェック等を済ませている段階です。

データを業者の方に渡してこれから印刷に入ろうとしている段階では、業者によって違約金が発生するかどうか異なります。業者によっては、初期の段階ならば違約金を取ることなく契約を取り消すことが可能になるでしょう。

また、ある程度作業が進んでいても理由によっては違約金なしでキャンセルをおこなってくれることがあります。例えば依頼者の資金繰りが悪化した場合やそもそもFAXDM会社のほうに何らかのミスがあり問題が発生してしまった場合です。このようなとき違約金を取ることは少し考えにくいでしょう。

すでに印刷をしてしまった場合はどのように考えるか

すでに印刷が完了してしまった場合、キャンセルをすることができるかが問題になります。基本的に印刷をしてしまった場合は、キャンセルができるにしても印刷した分の費用を支払わなければいけません。どれぐらいの費用になるかは、業者によって異なりますが8割ぐらいの金額を請求してくるところもあるでしょう。

しかしながら、ある程度顧客のことを考えているところは半分だけ請求してくる可能性もあります。この点に関しては、契約書の内容によって決まりますので契約書を確認しておきたいところです。

もし送信までしてしまった場合には、もはやキャンセルできないといえます。もちろん違約金を払ってストップさせることはできますが、この段階ではほぼ全額請求されることになるかもしれません。いずれにしても、印刷後に関してはお金を支払わなければいけなくなります。

 

FAXDM業者と契約をする場合、キャンセルすることができるか問題になりますが基本的に見積もりの段階では問題なくキャンセルをすることが可能になります。しかし、すでに業者の方が作業を始めてしまった場合、違約金の発生の有無は業者により異なるでしょう。

印刷までしてしまいこれからファックスをしようとしている場合や、すでにファックスをしている場合にはまず無料でキャンセルはできません。何割かのお金を支払うかで対応することになります。

サイト内検索
記事一覧