口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMのコンサルティングってどんなことをするの?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/22

FAXDMにはさまざまな魅力がありますが、誰でもその魅力を最大限に引き出せるわけではありません。この点、魅力的な文章を作ることができる人や、送信のタイミングが上手い人はそれだけで大きな収益を上げることが可能です。しかし、多くの人はなかなかそれだけで収益を上げるのは難しいでしょう。

この場合に重要になるのは、コンサルタントの存在になります。コンサルタントは、ファックスでダイレクトメールを出すときの的確なアドバイスをくれるでしょう。これにより、良い方向でファックスを送ることが可能です。では、コンサルタントがおこなうコンサルティングとはどのような内容になっているでしょうか。その実態をいくつか見ていきます。

大手企業に負けないように差別化をする

コンサルタントがコンサルティングをする場合には、まず通常のビジネスならば戦略を立てます。例えば、小さな会社が有名企業に立ち向かうためには有名企業と同じことをしていてはいけません。何故かと言えば、資本力が全く異なるからです。

有名企業は、資本力に任せてテレビコマーシャルをしたり有名芸能人を雇いクリーンなイメージを出したりとさまざまな工夫を凝らしています。しかし、中小企業や個人のお店がそのようなことをしても途中で予算が好きでしまうでしょう。その段階で、すでに負けが決まっているようなものです。

そこでコンサルティングの内容としては、大手企業やライバル企業にはないものを作り上げることを中心におこなっていきます。FAXDMに関して言えば、その文章の内容が大事になるところです。その文章の内容さえしっかりしていれば、相手に好まれ良いお客さんになってくれる可能性も高いでしょう。

ストーリーを作り上げることを教えてくれる

商品を販売するためにFAXDMご利用する場合には、まず独自の商品を作ることができればそれで良いですが、なかなかそれが難しい場合には、他の業者と同じものを販売しなければいけません。このとき、普通に考えれば安くすることで他の業者に勝つことも可能になります。

しかし、安くすれば消耗戦になってしまうため大手企業や資本力の高い企業に勝ち目はないといえます。そこで、コンサル内容としてはストーリーを仕立てることを教える人もいるでしょう。基本的に人間は、単に商品を紹介しただけでは反応しません。

1部の人はその商品を購入したくてもファックスが来た途端購入するかもしれませんが、多くの場合はそのようなことはありません。見込み客の大半は、ちょっと位の動機付けではなかなか動かないものです。そこで大事になるのが、いかにしてその商品のストーリーを考えるかです。人間はストーリーには弱いことが知られています。

例えば、映画で感動する場合も、ひとコマだけを見るよりも映画を最初から最後まで見て、ストーリーを把握した上で見るほうがはるかに感情が揺れ動くものです。このように、人間の感情を動かすのはやはりそこにストーリーがある場合です。このような話は、なかなかコンサルタントでないと聞くことができません。無駄にオリジナルの文章を作り上げ売れない宣伝をするよりは、ベテランのコンサルタントに従ったほうがはるかに効率が良いです。

お客さんの行動パターンなども教えてくれる

商品が売れるかどうかは、ファックスの内容によっても異なりますが、単に安くすれば売れるわけではありません。またブランド品のように人気があるものを売れば良いわけではないのです。多くの場合、有名ブランドを扱うわけではなく、あまり知られていない商品かそもそも無名な商品を扱うはずです。

このような場合、とても重要になるのがどのような行動をとってお客さんが購入して行くかです。これをコンサルタントが教えてくれるでしょう。お客さんが購入するためには、まずそのファックスを見てすぐゴミ箱に捨てないようにインパクトがある言葉を載せておく必要があります。

インパクトがあると言っても、内容に偽りがあってはいけません。お客さんが思わず次の文章を読むような内容を書かなければいけません。例えば大見出しを見ただけでも、思わず本文を読んでみたいと思うような内容にする必要があります。

本文も、お客さんがどのあたりに注目するかを考えながら書くことが重要になるでしょう。そして、文章を最後まで読んでくれる工夫をしなければいけません。この工夫をして、ようやく申し込みの欄のところまで到達することができます。そして申し込みをするためにはどのような工夫が必要かなどもコンサルティングでは丁寧に教えてくれるはずです。

 

FAXDMでコンサルティングをしてもらう場合には、まず差別化を図るようにします。例えば商品を販売する場合、大手企業と被る可能性があるため、そのまま宣伝をしてもまず勝ち目はありません。そこで、大手企業がやらないストーリーなどを作り上げ、販売していくことになるでしょう。

コンサルタントはそのようなことを教えてくれます。それ以外には、行動心理学などを教えてくれることもあるでしょう。お客さんがファックスを見て商品を購入する場合には、必ず目を通すところがあります。その部分を魅力的な文章に変えることで、お客さんは次の文章を読んでくれて最終的に申し込みをする流れになります。そのことを細かく教えてくれるのがコンサルタントの仕事です。

サイト内検索
記事一覧