口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMを利用することで実際どのくらいの効果が期待できる?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/18


これからFAXDM業者を使いダイレクトメールをファクスで配布したい場合には、一体どれぐらいの効果が見込まれるのかをよく理解しておく必要があります。この効果の内容がよくわからないまま実施しても、赤字になってしまう可能性があります。そこで、実際どれぐらいの効果があるのかを検証してみましょう。

物販の場合でもさまざまなケースがある

FAXDM業者を利用する会社は、何かを販売しているかサービスを提供しているかのどちらかになります。例えば、事務用品に関する新しい商品が発売される場合、それを一斉にファックスで送ることになるでしょう。たいていファックスで送る場合は、個人の家庭に送るよりも会社に対して送ることが多くなります。そのため、会社が使う商品であることが多くなります。

この場合、基本的には反応率は割と高くなる可能性が大きいでしょう。もちろん商品の金額によっても異なりますが、サービスを提供する場合に比べれば反応率が高くなるといえます。なぜなら、必ずしもリピートをしなくてもよいからです。リピートをするとなると、金銭的なそれなりに負担が大きくなりますので、反応が悪くなる可能性があります。

実際に、100枚ぐらい配布しても反応がゼロの可能性もあるでしょう。ただ、1,000枚配布するとそのうちの3パーセントの会社から反応があります。そして、実際に反応があった会社のうち10パーセントぐらいは購入してくれる可能性があります。そうすると、一つの目標として 1,000枚配布すれば1件ぐらいは購入してくれる可能性があると考えて配布を考えて来ましょう。

会員制サービスに関する内容の場合

一方で会員制サービスなどの紹介をファックスで送る場合には、どのような反応になるでしょうか。この場合は物販に比べると反応率は下がってしまう傾向が強くなります。なぜかといえば、継続的に費用がかかるからです。

よくあるサービスとしては、会社の作業を迅速に付するために業務の自動化を紹介する仕組みです。確かに業務の自動化を紹介してそれを使えば会社の利益をあげることはできるかもしれません。ですが、そこにいたるまでの決断がすぐにできることはまずないでしょう。

毎月5,000~1万円程度のサービスを利用する場合と、会員制で継続してサービスを利用する場合は前者のほうが決断しやすいといえます。このように考えれば、会員制サービスなどの場合にはさらに多くFAXを送信しなければならないことを意味しています。

どれぐらい送信すればよいかは内容によっても異なりますが、3,000部ぐらい送信して最終的にレスポンスが10件から20件ぐらいあり、契約に結び付くのが1件から2件ぐらいあれば十分ともいえます。このように考えれば、可能な限り安いFAXDM業者を利用すると同時に、費用対効果をよく考えておくことが重要になるでしょう。

さらに重要なことは、多くの場合今すぐ購入するお客さんよりも見込み客のほうが圧倒的に多いことです。そうだとすれば、もしかしたら1回目のFAXを送信したときに気にはなっているけども購入しない人がいたかもしれません。そうだとすれば、そのようなお客さんがいつ購入するかをよく理解しておく必要があります。

見込み客のうち、いつ購入するかは人によって異なるものの、何度か継続的に送っているうちにタイミングが合えば購入したいと考える人がほとんどです。今は無理でも半年後に購入してくれるお客さんがたくさんいるとすれば、1回だけFAXを送っておしまいにするのはもったいないでしょう。そのため、見込み客を契約させるために継続的に送信し続ける必要があります。

反応率を上げるために理解しておくこと

いくら、物販やサービスを紹介する場合といえども、その内容で随分と反応率が変わってきますので、単に何を紹介するかだけで決まる訳ではありません。そのFAXの内容によって随分と反応率が変わってくるといえるでしょう。

例えば、ほとんどの場合ファクスが送られてきた場合でも、全文読むことはありません。自宅の郵便ポストに入っているダイレクトメールなどを、最初から最後まで丁寧に読む人が少ないのと同じなります。そのため、いかに読んでもらうかを工夫する必要があるでしょう。

このときに必要なのは、まずタイトルがいかに重要かということです。そして、タイトルと文面のバランスも重要になります。タイトルは素晴らしいけども、文面があまり興味を引くようなものでなければやはり途中でごみ箱に捨ててしまうことになりかねません。このように、細かい点などもよく注意して作成することが大事です。

 

これからFAXDM業者を利用すると考える場合、反応率がどれぐらいなのかも理解しておく必要があります。

この反応率は、商品が安ければ安いほど高くなる傾向があるでしょう。逆に、商品が高い場合や会員制ビジネスなども紹介をしている場合は反応率が低くなりがちです。ただこの場合でも、FAXを送ってもそのFAXでは反応しなかったとしても「いつか利用してみたい」と考える見込み客がいる可能性もありますので継続しておくり続けることが重要です。

後は、文章とタイトルが重要になることも理解しておきましょう。

サイト内検索
記事一覧