口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMの構成の種類は?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/02

FAXDMは原稿が命ですが、自社で作成するケースとFAXDM業者に依頼するケースとがあります。

内容は当然のことながら、まず目を通してもらえる構成にするにはデザインやレイアウトがとても重要なのは言うまでもありません。相手に響くFAXDMに仕上げるための構成の種類について解説します。

構成の前にデザインの鉄則を押さえておこう

構成を考える前に大前提として知っておくべきなのが、デザインは白黒のみで構成するということです。少しでも内容を強調したいと考え、カラーとまではいかなくてもグラデーションなどを多用したくなりがちですが、それは逆効果と肝に銘じておきましょう。

グレーなどの中間色は使わずに、白黒のみではっきりとわかる内容にすることが重要です。理由は読みにくくなるという視認性の悪さもありますが、データ容量が大きくなり相手先での機器トラブルやハードクレームの原因になる恐れがあるからです。色数が多い原稿は、FAX機がデータを受信するときにエラーを起こしやすく、結果不達になるリスクもあります。

また、相手のFAX機の性能にもよりますが、出力するまでに時間を要し、FAX機を占領する恐れもあるためクレームになりやすいのです。もしFAXと電話機が兼用だった場合は、ずっと通話中になるためさらにトラブルが大きくなる可能性があります。

メモリー容量が少ない機器ではデータを処理しきれず、通信が止まる、大量に同じDMを出力し続けるといった深刻なエラーにもつながります。原稿作成の際には、白黒で写真はなるべく使わずサイズを大きくしないことを覚えておいてください。

どうしても写真が必要な場合は、最初からコントラストを強め、白黒対応に加工してから配置するのが基本です。上下左右には2cm程度の余白を設け、フォントサイズはなるべく大きく、14px以上に設定するようにしましょう。文字の太いゴシック体などを使用し、図やイラストも簡易的に白黒のみで作成するのが基本です。

商品写真やイラストが重要だという場合は、FAXDMですべてを網羅するのは難しいので、Webサイトへの誘導などに徹し、別の見せ方を企画したほうが良いでしょう。FAXDMとは別にハガキDMの併用なども考えられます。

基本構成となる2種類を解説!

FAXDMのデザイン構成は、基本的に2種類の2パターンが考えられます。それがチラシ型とレター型です。チラシ型はFAXDMでもよく使われるタイプで、目にすることの多いパターンでしょう。

一般的なチラシのデザインに近く、一番の目的は目立たせること、すぐに内容が頭に入ることを意識した種類と言えます。宣伝したい商品の特徴や魅力、強みなどを明確に伝えることができるため、価格的な魅力を伝えるのには適しているでしょう。向いているのは飲食店の宣伝や格安物販などですが、広告色を強くしすぎるとスルーされてしまう可能性があることは覚えておいてください。

チラシは見慣れた存在なので、チラシだとわかっただけでろくに見ずに捨てられてしまうリスクがあるからです。内容をしっかり伝えるためには、テキストの見え方、質などを充実させ、信頼できる印象に仕上げることが重要です。

これに対してレター型は、チラシ型とは対照的なデザインです。レターですから文章がメインとなり、一見して「堅い」雰囲気にすることが重要なポイントとなります。チラシのようにすぐ捨てられるリスクが少なく、内容を一読してもらえる確率が高いのが大きなメリットでしょう。レスポンスを得られるかどうかは内容次第ですので、コピーライティングが重要な種類です。レター型が多用されるのは、主に商材の価格が高いケースです。

例えばセミナーの集客などは代表格で、すぐに購入させるのではなく、存在を知らせて段階的にレスポンスへとつなげる手法が適しているでしょう。もしくはチラシ型ではうまく反応が取れない場合の次の手としても考えられます。とにかく文章で訴求することがすべてですので、そのスキルが必要となってきます。

いずれの種類にも共通するのは顧客目線の重要性

チラシ型にせよレター型にせよ、受け取る人を明確に意識して原稿を作成することが重要です。FAXDMは会社宛てに送るものであっても、手に取って読むのは人です。そのためどのような内容なら相手に喜んでもらえるか、相手がどんな悩みや欲求を持っているか、明確に想像しながら原稿を練る必要があります。

また、内容に信頼性を感じてもらえなければレスポンスにはつながりません。提供する情報が信頼できるものであることを伝えるための工夫は必要ですし、そのために実績や顧客の声などを掲載するのも必要な手法です。

FAXDMは単純に見えて戦略を要するマーケティング手法です。どうしても原稿の自作が難しい場合には、相談できるFAXDM業者を選ぶのがおすすめです。

 

FAXDMにはチラシ型とレター型の2種類がありますが、それぞれに適した商材があり、メリットデメリットがあります。原稿を練る際にはどのような商材をどんな相手に宣伝したいのかを明確にして、適したデザイン構成を考えることが重要です。

いずれにしても相手のFAX機器を使用する以上、白黒でデータ容量が小さい原稿におさめる必要があります。顧客目線で信頼を得られるクオリティーに仕上げる意識を持つことも大切です。自社で制作が難しい場合には、相談できるFAXDM業者を選ぶのがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧