口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者10選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDM業者ならではのノウハウとは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/27


FAXDMで、最大限の結果を出すにはやはり専門のFAXDM業者に依頼をするのが最も近道です。FAXDM業者ならではのノウハウがありますし、当然依頼料は掛かりますが良いFAXDM業者を選べばその分の利益が期待出来ます。そこで今回は、FAXDM業者ならではのノウハウや工夫などについてご紹介していきます。

FAXDM業者の基本と選択のコツについて

FAXDMとは、ネット関係で言うところのダイレクトメールのFAX版と考えていただければイメージしやすいかと思います。現在も主流の集客法であり、多くの会社が使っていますが、ダイレクトメールがそうであるように、注意しないと迷惑メールという扱いになってお店の評判を落としてしまうことにも繋がりかねません。

そういったリスクを避ける為には、多くのノウハウを蓄積しているFAXDM業者に依頼するのが最も手早いです。そして依頼をする場合にチェックすべきポイントですが、まずはコストパフォーマンスを見るべきです。基本料金と配信単価は特に重要視するべきですが、これだけが全てでは無いため気をつけましょう。

というのも、中には「安かろう悪かろう」な業者も存在するため、あくまで確認点の1つとして考えておく程度にしておきましょう。

次に無料サービスの有無と仕事の質について、しっかりと確認します。初期費用や送信先リストの利用が出来るか等はとても重要です。その内容が長い事更新された形成が無い場合はそこへの依頼は避けた方が賢明です。後はノウハウの提供等のサポート力の高さと、信頼性の有無も見る様にします。

ダイレクトメール等と同じでFAXDMも方法によっては大きいクレームが来る事もあり、その分だけトラブル対応に長けたスタッフの存在等が大きく物を言う部分があります。勿論最初から揉めない事が1番なのですが、そういう危機状況を収めるだけの実績があるかどうかは個人情報保護等と同様に依頼前に必ずチェックしておくべきです。

FAXDM業者ならではのノウハウとは?

FAXDMの反応率は0.1%〜0.3%と言われており、1000通送った場合に1通か3通程度返ってくるのが平均と言われています。しかし方法によっては、これ以下になることもあればその逆になることもあります。つまり反応を少しでも高める為には、FAXDM業者ならではのノウハウがあることが最重要になるということです。

ノウハウとして一般的なのは、受取先の人間を出来るだけ明確にする技術の有無が挙げられます。送ったFAXDMを間違いなく読む人を出来るだけ具体化し、その人が興味を持つような仕掛けが出来れば、当然反応率は上がります。次に受け取る人に関係する事柄のリスト収集も重要なコツです。

リストを何処から収集するかは電話帳やネットHP情報、資料請求時の個人情報等多岐に渡りますが、受取人が興味を持つであろう情報をFAXDMに載せる為には、この部分が出来るだけ濃密であることが望ましいです。後は今までの調査で調べた情報から、実際に文章を制作する段取りに入ります。自分宛てに送信してみて、文章が切れたりしていないか、見にくくないかをしっかりチェックします。

そして最後に「受取時間の工夫」と「FAXDMを受け取った事で得をしたと思わせる事が出来るか」の2点が続きます。読んでほしい人に不要な負担が掛からず、更にはそれを受け取った事で得をしたと思わせる様なクーポン等の工夫があれば申し分ありません。大きい成果を出しているFAXDM業者は、これらのポイントに自社ならではの工夫をしている事が多いです。

成功しているFAXDM業者の工夫とは?

反応率を高める為の工夫で、特に特徴的な物を上げると「画期的なサービスや商品」「驚きの低価格のサービス」「問合わせしないと損と思われるほどの魅力的オファー」と言った内容が出ます。たとえば従来、数万円掛かるサービスが月額コーヒー一杯分の値段で受けられる等、場面を想像しやすい書き方がしてあるFAXDMがそれに当たります。これらの3ポイントを上手く見出せるかどうかで、FAXDM業者選択の時に色々考えてみるのも1つです。

他の工夫では、最低でもタイミングを計算しつつ、3回は送信を試みるというのも成功している企業が多く使っている手法となります。1000件も送れば、十分送った物だという事で続きを断念してしまう会社もありますが、これだけでは戻って来るのは1~3程度しかありません。

逆に適度にもう1度送れば、確率も少しずつですが上がります。この辺りで諦めない会社も、選択肢として魅力的と言えます。そして最後がハウスリストに対して定期的にニュースレターを配信しているという工夫になります。

全く知らない人から送られてくるメール等は見る以前に削除してしまう事も多いものですが、個人的に知り合ったからこそハウスリストに入った人達とは面識がある訳です。面識がある人からの連絡であった場合は、少なくとも即消去という事にはなり難いですし、個人的な信頼感から商品の購入に踏み切ってくれる可能性も否めません。こういったポイントを、FAXDM業者で実績がある所は決して外さない物です。

 

FAXDM は1000通送って1通~3通の反応が一般的ですので、成功している会社であるほど自分達が有するハウスリスト等を丁寧に扱います。業者を選ぶ際は、FAXDMを送るタイミングを見計らう、最低3回送る、受け取ったことで得をしたと思わせるような工夫等も欠かさない、といったノウハウを持ち合わせたところであれば間違いないでしょう。FAXDM業者ならではの工夫とは、こういった基本にそれぞれ自社ごとのアレンジを加えた物になっていると考えれば齟齬が無くなります。

サイト内検索
記事一覧