口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

営業に向かう手間が省ける!FAXDMのメリット

商品やサービスを多くの人に知ってもらうためには、そのものの存在を明確に認識してもらう必要があります。

この場合に必要になるのは、何らかの手段を用いた商品やサービスの積極的な告知になります。

最近は、どの会社もあるいはどの家庭でもFAXを持ってる可能性が高いですのでFAXDMを利用して宣伝する方法が広まってきました。

ではFAXDMはいったいどのようなメリットがあるでしょうか。

 

営業に行く手間が省けて費用がかかりにくい

従来は、商品あるいはサービスを宣伝する場合にはそれなりの手間をかけたものです。

例えば自宅にいる時にセールスマンが来たことがある場面に遭遇した人も少なくないはずです。

経営に余裕があるところならば多くの人件費をかけて、商品やサービスを宣伝することが行われていました。

しかし人件費の節約の観点からはこのやり方は妥当とは言えません。

そこで人件費を可能な限りかけないようにしたFAXDMが流行しています。

そのメリットは、無駄な経費を削減することといえるでしょう。

そもそも宣伝のために人を雇う必要もなく、紙を送信するだけで宣伝できてしまうわけですから、人を訪問させる場合よりもはるかに負担が少ないと言えるわけです。

特に、新しくできた会社などはわざわざ商品の宣伝をするために人を雇う余裕がありません。

商品が売れなければ人件費も確保できないわけですので、最初の段階では少なくともお金のかからない方法を選ぶ必要があります。

この点、FAXDMなら少額費用で行うことができ、会社を経営したばかりの予算が少ないころやあまり予算のない会社でも安心して行うことができるわけです。

 

クレームになりにくいのも大きなポイント

セールスマンを雇う訪問営業の場合には、時としてクレームが発生する可能性が高くなります。

会社が提供する商品やサービスに興味がある人ならばよいですが、興味がない人からすれば迷惑になるわけです。

しかも、セールスマンが訪問すると時間を取られてしまいますのでクレームにつながる恐れがあるわけです。

特にセールスマンの中には、引き際が分かっておらず相手が拒否しているにもかかわらずしつこく営業してしまうような方も少なくありません。

ですが、FAXDMを利用することでクレームの問題を最小限に抑えることが可能です。

DMを送った会社が提供する商品やサービスに興味がないとすればそのまま処分しまえばよいからです。

つまり、相手方からすれば処理にかかる時間がほとんどかからないのが大きな魅力になります。

これにより、クレームが発生しにくいためストレスなく会社運営をすることが可能です。

当然ながら、クレームを発生させないための工夫も重要です。

例えば、DMの下の方に「FAX案内の停止希望欄」を設けることで大抵の場合防ぐことが可能です。

 

どの時間にでも宣伝することが可能になる

FAXDMのメリットを三つ目は、どの時間帯でも送信することが可能なことです。

セールスマンを訪問させる場合と比較すると、営業に向かう手間が省けることは当然としても、相手の都合に合わせた訪問をしなければ意味がありません。

例えば、相手や会社の場合には会社の営業時間内に訪問しないと意味がないわけです。

また家庭ならば夜の8:00以前に訪問しなければ相手の迷惑になりクレームになってしまう恐れがあるでしょう。

当然、朝も早い時間に訪れるとやはりクレームになる恐れがあります。

しかも、個人の家庭の場合には共働きが増えておりせっかく都合の良い昼間の時間に訪れたとしてもほとんど家に誰もいないようなことがあります。

仮に家に人がいたとしても、対応できない子供や老人などの可能性もあり、効率的とは言えません。

ですが、FAXDMはこれらの欠点をカバーし、どの時間帯でも送信することが可能になります。

さすがに夜中などは送信するべきではありませんが、相手が留守の時間帯や会社の営業時間外でも送信することが可能で、必要な情報を随時提供できるのが魅力になるでしょう。

 

一目して内容が分かりやすいこと

FAXDMの四つ目のメリットは、一見して何を宣伝したらよいのかわかりやすいことです。

人がセールスをする場合は、訪問する手間に加えてすぐに本題から入ることができません。

まず、あいさつを行うところからはじめて本題に入るまで少し時間がかかってしまいます。

興味のない人からすれば自分たちの時間が奪われているのと一緒でしょう。

ところが、FAXでDMを送る場合にはたいてい1枚から3枚ぐらいで構成されますがいずれのパターンにしても、最初の1枚目で本題が書かれており、それを見るだけで顧客は必要か一瞬で判断することが可能になります。

つまり、本当に必要なものでもそうでないものにしても、紙面の場合にはわずか1秒から2秒程度で判断することができるのが魅力です。

現代のように、時間に余裕がない生活をしている人が多い場合には、内容を明確に伝えることが重要になります。

文字ならば、言葉で伝えるよりも一瞬で伝わります。

それに加えて、相手の時間を奪わないため、現代の宣伝スタイルに合った方法の一つと言えるでしょう。

 

ダイレクトメール自体の作成の負担が少ない

FAXDMの五つ目のメリットは、原稿作成することにあまり時間がかからないことです。

営業する会社も、可能な限り時間をかけずに営業ができしっかりと反応があるとすれば、費用対効果も高くなります。

最近はどの会社でも、時間に関して非常に厳しく管理しておりしかも限られた時間の中で十分な効果を出さなければなりません。

この場合に重要になるのは、いかに短い時間で相手に伝える技術を持っているかです。

この点FAXを利用したダイレクトメールの場合には、送信する紙の大きさに限りがあるため伝えるメッセージ自体は可能な限り最小限で絞り込まなければなりません。

もちろん字を小さくしたり用紙をたくさん使う方法もありますが、文字の大きさといっても小さくするのに限界があります。

基本的に人間が好む見やすい文字の大きさは、フォントで言えば10から12ぐらいになります。

その大きさになると、1枚の原稿に対して2000文字程度しか利用することができません。

当然その中にタイトルや図、あるいは写真を掲載するためさらに文字数が絞られることも少なくないでしょう。

用紙も、3枚から5枚ぐらいが限界でそれ以上長いとクレームになってしまいます。

つまり、限られた範囲の中で相手に伝えますので、制作する時間がそれほどかからないことが予想できるわけです。

 

何度も繰り返し利用することが可能になる

FAXDMのメリットの6つ目は、何度も利用することができることです。

営業マンはセリフさえ覚えてしまえば何度も行うことができますが途中で人が変わったり毎回同じ調子で明確に伝えることは難しいです。

ですが、FAXを利用すれば、相手の名前さえ書き換えることで何度も同じ文面で送ることが可能になるわけです。

つまり、文面をいちいち変える必要がないうえにわざわざセールスマンを使って住宅を渡り歩いたり会社を渡り歩く時間も省略が可能です。

FAXを送る側とすれば、1カ所にとどまりそこから次々と送信していけばよいだけですので、移動する手間がほとんどありません。

今日送信する文面と、翌日別の会社に送信する文面はほぼ同じにすることができ、わざわざそこから文面を刷新し新たなモノを作る必要はないでしょう。

ただ、この時でも可能なかぎり反応よくするために事前に個人向けと会社向けに分けて作る場合などが考えられます。

それぐらいのテーマは分けた方がよいですが、一度ひな型ができてしまえば似たようなものをいくらでも作ることができ応用ができるのも魅力になります。

 

FAXDMを送信する場合には、かつてのように多くの営業マンを雇えないため人件費がかからず現地まで行く手間がないのが大きな魅力といえます。

それに加えて、いつでもFAXを送信することができる点もメリットの一つと言えるでしょう。

さらには、一瞬で相手に伝えることができることも相手の時間を奪わずにクレームになりにくいです。

サイト内検索
記事一覧