口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMの書き方のポイントとは?

FAXDMは、法人に向けて送るFAXを利用したDMのことで、上手に活用するとリーズナブルな価格で手軽に広告活動ができます。

またスピーディーに配信できるので、なるべく時間をかけずに宣伝したい、さらに広告費を抑えたいなどの希望がある人におすすめといえる方法です。

 

しっかりと読んでもらえるFAXDM

宣伝活動といえば、メールを利用した方法も現在のインターネットが普及している社会ではよく選ばれています。しかし手軽に送信できるメールですが、実際にはどれだけ送ったとしてもメールボックスに入ったまま開いてもらえない可能性も否定できません。

しかし、FAXであれば、送られたときに電話機が鳴るだけでなく、音を立てながら紙がそこから出てくる状態です。だからパッとそちらの方を向いて、紙を手にとって読んでもらいやすいというメリットがあります。

また何よりこの方法自体は全ての業者がおこなっているわけではなく、多くの業者はSNS広告の方に力を入れがちです。だから、FAXを利用した方法自体が珍しいことから、相手に気にしてもらいやすいといっても良いでしょう。

 

効果が期待できる書き方を知ろう

せっかくFAXDMを利用するとしても、その原稿があまり良くないものでは相手に伝えたいことが伝わりません。またその見た目によっては手にとっても全く読んでもらえない可能性もあるので、十分注意しましょう。

まず書き方として知っておきたいことの一つが、しっかりとリサーチをおこなうようにすることです。実際にDMを送る相手が必要としている情報は一体なんでしょうか、何を知りたいと思っているのでしょうか。

そうした相手が欲しいと思う情報をいかに提供できるのか、相手が興味関心を抱いている内容が何かをできるだけリサーチするようにしましょう。その場合に必要なのがリサーチマーケティングですが、現在ではFAXDM業者に依頼するとしっかりとおこなってもらえることも多々あります。

もう一つすべきことはオファーを作成することで、できるだけ宣伝効果を高めたいなら、無料オファーを提示するようにしましょう。無料のお試しとか、無料カウンセリングなど、お金をかけることなく利用できるサービスを提示します。またその際は料金のことだけでなく、そのオファーによるメリット・ベネフィットも表示しておくようにしましょう。

ただ、無料だけでは自社の利益にはつながらないので、有料でも利用してくれる顧客を獲得しなければなりません。したがって、無料オファーを提示したら、次は有料の内容を少しだけ表示するなど、段階を経ていくと良いでしょう。

 

実際に原稿を作成するときのポイント

まず、FAXDM原稿を作成する場合、いくつか抑えておかなければならない内容があるのをご存知ですか。それはプリヘッド、キャッチコピー、ボディコフィー、オファー、特典、コール先、レスポンスデバイスなどです。

まずプリヘッドは、その情報を伝えるターゲットを表示するもので、それをみた人が自分向けの情報かどうかを判断するときに役立ちます。最初に見た部分で自分向けの情報だと思った場合、最後までそのFAXの内容を見てもらえる可能性が高くなります。

また、できるだけそのFAXの内容を簡単に理解してもらうために、キャッチコピーもしっかりと作成しましょう。この情報を見てどれだけメリットがあるのか、また見ないと何か不利益があるのかなどを書いてみましょう。そこに書かれている情報を見ても損はない、そう思ってもらえるような感じのキャッチコピーを作成できるのがベストです。

またその後はボディーコピーを作成し、この際は相手と何か感覚、意見、悩みなどを共感していると感じてもらえるような内容にするのがコツです。さらにその内容を証明するための証拠を書いたりすると、より一層相手にとって読むメリットのある内容へと変化します。

そしてその後はオファーを提示し、限定かどうかといったことも書いておくと良いでしょう。連絡先を書いて、今すぐ連絡くださいなど、今後すべき行動を書き記しておくとより効果的です。

また、FAX自体は送った相手のトナーや紙を強制的に使わせてしまうことになるので、メールのように無料で見てもらえるわけではありません。したがって、もしかしたらこの点に関して文句が出てきてしまうこともありうるので、トナーと紙利用に対するお詫びの言葉と、読んでもらったことに対する感謝の言葉を書いておきましょう。

基本的にはそれほど慎重になる必要はないのですが、こうしたクレーム対策を少ししておくことで余計なトラブルを減らすことにもつながります。

 
FAXDMを利用する場合は、その原稿作成をする際にまずはリサーチとオファーをおこなうことが重要になってきます。相手がどのような情報が必要かをリサーチし、さらにこのDMを見てどんなベネフィットがあるかというオファーを提示します。

また実際の原稿はプリヘッドやキャッチコピー、ボディーコピーなどいろいろな部分で構成するようにします。さらにクレーム対策としてトナーや紙を利用したことに対するお詫びの言葉と、読んでもらったことへの感謝の言葉を書くのもコツです。

そうしたちょっとしたことに対する準備をしておくと、余計なトラブルを起こすことなくFAXDMで宣伝しやすくなります。

サイト内検索
記事一覧