口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMは業種別に工夫する必要はある?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/03/09

FAXDM業者を利用してファックスでダイレクトメールを送信する場合には、それぞれの内容をよく考えなければいけません。すべて一律に同じような内容として同じような時間帯に送信したとしても、反応率が高くなるわけではありません。

そこで、しっかりとした反応を得るためにそれぞれの業種によって対応の仕方を変えましょう。

成熟産業に対する文章の内容はどうか

FAXDM業者にダイレクトメールをファックスで送信してもらう場合には、通常自分で文章を作ることになります。中には業者の方で文章を作ってくれる可能性もありますが、あまり現実的ではありません。もしそれを作ってもらったとしても、それなりに時間とお金がかかってしまいますので、自分たちで作った方が良いともいえます。そこで内容を考えるにあたり業種別で違いを出すことが重要です。

例えば、これから学習塾にダイレクトメールを出す場合には、一体何を強調したらよいかと言えば、どのようにして差別化を図るかどうかでしょう。なぜ学習塾のダイレクトメールに差別化が必要かと言えば、すでに成熟産業だからです。

成熟産業とは、子供の数が少なく発展をし終わった産業のことです。これから子供の数が増えていくならばその産業は大きく発展していき、もしかしたら教室を開くだけで入塾する子供の数が増えるかもしれませんが現状は、学習塾同士の奪い合いになっています。

1つの地域に学習塾がいくつかあることが考えられ、しかもその中で生徒の奪い合いをおこなうわけです。よほど新しい住宅地ができたなどの特段の事情がない限りは、生徒の奪い合いが続いていくだけです。このとき重要になるのが差別化戦略になります。

差別化をすることにより、他の学習塾との違いを生み出し、その学習塾にしかできないような魅力的な経営をしていくのがこれから多くの生徒を集めて生き残るための特徴と言えるでしょう。このように、差別化するための戦略を具体的に打ち出す必要があります。これができておらず単に抽象論だけ並べてもまず学習塾の経営者は反応しないでしょう。

新しいビジネスの分野に関してはどうか

現在日本の業種の多くは、学習塾のように成熟産業になりつつあります。しかしながら、世の中は時代とともに流行廃りがありますので、成熟する産業がある一方で新しく流行する産業も出てくるでしょう。最近流行している業種に関するダイレクトメールのファックスの場合には、その内容を真新しい情報で埋め尽くすことが重要になります。

例えば、信用ポイントと呼ばれるものが現在中国で流行していますが、もしかしたらこれが日本に入ってくる可能性もあります。信用ポイントのビジネスが具体的にどのようなものになるかは明確でないものの、そのビジネスを先駆けてやりたいと考えている人もいるでしょう。新しい産業に関しては、可能な限り最新の情報を知りたいと考えている経営者が多いはずです。

ここで言う最新の情報とは、まだ世にあまり出回っていないような情報です。そのような情報ならば、高いお金を払ってでも知りたいと考えるでしょう。このようなときダイレクトメールのファックスの内容を常に先進的なものにしておき「まだ誰も知らない秘密を教えます」とちょっと大きな文字で書いておけば、目が釘付けになる可能性もあります。

もし可能ならば、その道の専門家の名前などを利用して宣伝するのも1つの方法になるでしょう。セミナー等を開催する場合や新規事業の立ち上げを手伝うダイレクトメールの内容の場合には、それだけでずいぶん多くの反応がある可能性が高いです。

しかも新規事業立ち上げの場合には、ライバルはそれほどいないはずですので、ダイレクトメールの数はそこまで頻繁に送る必要はないはずです。

発送する時間帯や枚数等を考える

FAXDM業者が業種別にFAXを送るとすれば、どのタイミングで送信するかも重要になります。その業種の特徴をよく理解して、1番DMを見てもらえる時間に送信するのが1番です。

学習塾の場合で言えば、先生が1番暇なのは夕方以降ではなく22時以降になります。ただあまり遅い時間にファックスを送信しても怪しい会社だと思われてしまいますので、23時過ぎは控えたほうが良いでしょう。逆に通常の会社と同じような時間帯に送信しても、授業中で忙しいはずです。その時間帯はまず反応がないと言えるでしょう。もしかしたら、そのままゴミ箱行きになってしまう可能性も否定できません。

これに対して、8時から9時ぐらいにスタートしている会社の場合には、夕方ぐらいまで仕事が忙しく、それ以降は多少気分が緩む時間帯です。19~20時ぐらいまでにダイレクトメールをファックスで送ることで、他の時間内に送信するよりも良い反応を得る可能性が高です。

 

FAXDMをFAXDM業者ご利用して送信する場合には、業種によって多少内容を変えていかなければいけません。成熟産業の業種に送る場合とこれから広がる可能性のある新しい産業の業者に送る場合では、内容を変えた方が良いと言えるでしょう。

大事なのはそれだけでなく、FAXDMを送信する時間帯も工夫が必要になります。その業種の稼働時間帯を考えて業務が落ち着く時間帯に送るのか反応率を高くするための工夫の1つになります。

サイト内検索
記事一覧