口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

ファックスを送信するだけ?FAXDMの使い方

公開日:2019/02/07  

ダイレクトメールと言えば、ハガキや電子メールを思い浮かべるようになりました。

日本は世界に比べてFAX稼働率が高く、受信できる状況が整っています。

ハガキよりも確実に紙媒体を届けることができ、電子メールと同じぐらいのスピードで顧客へ情報提供することが可能です。

あまり使われることがなくなった今だからこそ、差別化ができるFAXDMがおすすめです。

 

今だからこそFAXDMを勧める理由

FAXDMはFAXを利用したダイレクトメールのことです。

一般的にダイレクトメールと言えばハガキなどの郵送によって行われますが、郵送代や制作費がかかることやデザインの決定や使用する紙の選定などに時間がかかるなどのデメリットがメリットを超えてしまっています。

効率の良い広告をするのであれば少ない準備時間であまり費用をかけずに成果を得る必要があります。

そこで注目なのがFAXDMです。

郵送料を減らしたいのであれば、基本的に何もかからない電子メールが魅力です。

ただし、多くの企業が採用している方法なので、なかなか読んでもらうことができません。

パソコンやスマートフォンの画面から消されたら二度と見にすることはないでしょう。

その点、紙が残るFAXは後からでも見てもらえる可能性があります。

また、メールやSNSを利用している競争相手があまり多くないのでとても目立ちます。

顧客が手に取ったものであれば、いつでも広告に利用することが可能です。

ふと目にした広告によって興味を示す方もいるかもしれません。

このような理由からFAXDMをお勧めします。

 

ファックスを広告に使うメリット

ハガキのDMを用意するとなると宛名の記載や印刷などやらなければならないことが多すぎます。

目を引くために凝ったデザインにする必要があり、カラーを使うため印刷費用が高くなります。

送付先の分だけハガキを用意する必要があり、ある程度まとまった量でなければ単価が高くなってしまいます。

せっかく用意しても住所の間違いなどによって送れないことで使えないこともあります。

送ることができなかったハガキは他に流用することもできないので、コストをかけたことが全くの無駄です。

FAXDMの場合、印刷物は送った先のFAXにセットされている紙になるので、自分の費用は一切かかりません。

保管も印刷の手間もありません

送信するために必要なのは送るための原稿だけです。

また、FAXは白黒しか送れないので、シンプルなデザインで十分です。

カラーでないことが不自然に感じることがないので安心です。

送るときはFAX番号だけわかれば良いので、書き損じがありません。

間違っても送れないだけで無駄になるものがないのもメリットの一つです。

 

送信するだけの簡単な手順が魅力

ファックスの利点は手軽さにあります。

原稿の準備ができたらFAX番号をセットして送信ボタンを押すだけです。

発送のために外出する必要もなく、ファックスの装置の前にいるだけで全てが完了します。

そのため人手がかからないのもメリットの一つです。

また、FAXDMなら情報が相手に届くまでの手順が簡潔で、とても便利です。

外部に委託する時も送付先の住所が書かれたリストを用意する必要がありません。

郵送物を確実に届けるためには個人情報が必要になります。

FAXDMならFAX番号だけをリスト化しておけば良いので、個人情報を第三者に渡す必要がありません

番号の入力だけで送信できるので、とても安心です。

送信できなかった場合もその場ですぐに結果がでるので、リストにチェックを入れてもらえば未着の管理が簡単にできます。

Webなどで一般に公開されている情報からすぐに送信先に登録できるので多くの潜在顧客を見つけることができます。

 

FAXDMは結果へのスピード感が違う

ハガキのDMは送ってから相手に届くまでに時間がかかります。

そのため最短でも1日のタイムラグが生じます。

顧客が手にしてから行動を起こすまでの時間もあるのでかなり長い目で見るプロジェクトです。

毎月の特売をお知らせするような時は問題ありませんが、時間が勝負のビジネスでは効率の良い方法とは言えません。

新規の顧客を開拓したい時には迅速な対応ができないことが大きなデメリットとして感じることになります。

FAXDMを利用するとすぐに相手に届けることができます

送信が完了した時には受領した時と考えて問題ありません。

そこから顧客の行動を考えても即日か数日中には反応があると考えて良いでしょう。

その結果を受けてすぐに次のアクションを取ることが可能です。

あまり良い結果が得られなかった時でもすぐに次の一手を打つことができます。

連絡する対象を変えたり、内容を見直してみたりと迅速に解決策を打ち出すことが可能です。

だんだんと成約に繋がる要素がわかってきたら効率も上がっていくことでしょう。

結果が出るまでに時間がかかるような方法はコストパフォーマンスが良いとは言えません。

 

Webとの連携によって効果上昇

FAXDMは白黒でしか表現できないため基本的に文章での広告になります。

ワードプロセッサーのソフトがあれば簡単にデザインすることができます。

伝えたいことをそのまま表現するだけで十分相手に伝わる広告になります。

いろいろと読まなければならないメールと違って、大きな字ではっきりとアピールすればインパクトが強くなり成約につながります。

できるだけシンプルな表現の方が注意を引きやすく、顧客になる可能性が高くなります。

もしFAXDMだけで表現できない場合は、Webページへの誘導を取り入れるとさらに便利になります。

ランディングさせるURLを記載して、詳しい情報や申し込みのフォームがあるWebページにアクセスできるようにすればすぐに効果が実感できます。

ただし、なかなかURLを手打ちで入力してくれる人はいないのでQRコードを使うと安心です。

スマートフォンなどのカメラ機能を使えば、簡単にWebページを表示することができるので気軽にアクセスしてもらえることになります。

FAXDMをWebへの集客のきっかけとして利用する方法です。

 

FAXDMを送る時に注意すべきこと

FAXDMは興味を持ってもらった顧客に連絡先を提供するために使われます。

つまり、連絡を取る手段が便利なものでなければいけません。

電話番号だけがあって、どうすれば良いのか悩むようなケースは、あまり良い結果を得ることができないでしょう。

そのまま返信のファックスが送れるようなデザインにしておくと簡単で効果的です。

そのためには多くの製品やサービスを盛り込むのではなく、一つの情報だけに絞った方が確実です。

DMの効果が最大限に発揮されるのは、新たな情報を発見する時です。

インターネットが普及した最近では多くの情報が簡単に検索できるようになりました。

ただし、検索はあくまでも自発的な行為で、知らないことを調べることはできません。

いままで気がつくことができなかったような情報が書かれているFAXDMを受け取れば自然と連絡を取りたくなります。

いろいろな情報を書くよりもひとつのアピールポイントを強調した内容にすることが重要です。

何が魅力なのかをできるだけシンプルな表現で記載するように注意しましょう。

 

FAXDMは使い方次第で大きな効果をあげることができる可能性をひめた広告手段のひとつです。

送信までの準備が簡単で、結果がすぐに出ることがメリットです。

メールの広告が当たり前になった状況でハガキよりも簡単に情報提供できるのはとても大きな強みです。

サイト内検索
記事一覧