口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDM業者への支払いは後払いも可能?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/20

FAXDMの魅力はコストの安さにあります。さらに、届いたその場で内容を見てもらえる開封率の高さが大きな強みです。原稿とリストがあればその日のうちに有効性のあるFAXDMを一斉送信することが可能です。広告はスピード性が重要なのでFAXDMは利用価値は大きいといえるでしょう。

料金は業者ごとの差が大きい

FAXDMを配信するには原稿と顧客リストが必要です。原稿はターゲットとアプローチ方法を決めて内容を作ります。FAXDM業者が原稿を提供してくれる場合もあるのでそちらを利用するのも手です。

リストはFAXDM業者が持っているものを購入・レンタルすることが可能です。FAXDM業者を利用する際にはいくらか費用がかかります。大手業者では初期費用が発生するケースもありますが、多くの業者は初期費用無料です。利用する場合は業者の料金体系を確認しましょう。

基本料金は単価に含まれる場合もあれば、最低件数を下回ると発生する場合もあります。1件当たりの単価はおおよそ5円から13円が相場となっています。

例えば配信件数を1,000件とすればおおむね5,000円から1万5,000円ほどとなるでしょう。送信した後のエラーで届かない不着分が課金されるかどうかも業者によります。

入金は事前入金と後払いがあります。事前入金であれば好きなタイミングで配信できます。支払方法によっては入金の確認に時間がかかり、配信が多少遅れる可能性もあります。

1円でも安くする方法はある

FAXDMの料金はやはり送信料によってかかるコストが決まってきます。例え1円だけ差があるサービスでも大量に送信すればそれなりの価格差が生まれます。大量のFAXDMを安く送りたいなら価格差には慎重になりましょう。

とにかく安いところがいいなら3円から5円前後が理想です。大量送信を依頼すれば割引サービスをしてくれる業者も多いです。料金の安さは基本料金だけでなく配信面でも確認できます。

依頼する方法はメール・電話とネットの申し込みフォームに入力する方法があります。安くしたいならなるべくネットで完結できるFAXDM業者にしましょう。

メールでのやり取りは人手を通すので料金が多くかかり、配信に至るまでの時間も長いです。ネットのフォームならメールなどよりも早く送信がおこなえます。

もちろん安いからといって品質の低いFAXDMを送っては意味がありません。FAXには高画質で送れる機能があります。品質を求めるなら高画質に対応するFAXDM業者に依頼したほうがよいです。高画質ならより綺麗な画像を送れるので宣伝効果をより高められます。

手数料を省くためにも後払いがおすすめ

多くのFAXDM業者では前払いの銀行振り込みに対応しています。見積もりで提示された金額を期日までに指定口座に振り込んで完了です。一般的な支払い方法ですが、毎回振込手数料が発生します。まとめて後払いなら1回で済みますが、先払いの場合は複数回かかるので少し勿体無いです。

銀行振り込みがいいなら後払いに対応している業者がいるか調べましょう。手数料を無駄にしたくないならコンビニ払いかカード払いがおすすめです。コンビニ払いでは月末締めで翌月支払うケースが多いです。請求書をコンビニに持っていって支払うので振込手数料がかかりません。

どんな人にもおすすめできるのはやはりクレジットカード払いです。わざわざ支払いに行く手間がなく期日に自動的に引き落とされます。支払い忘れを防げてカードのポイントが貯まるのも魅力です。現在はクレジットカード払いも普及しているので、慣れていない人でも問題なくおこなえるでしょう。

 

FAXDM業者では送信する件数によって支払う料金が違います。1件ごとの単価は平均5円から13円ほどになるでしょう。大量に頼むほど価格差は生じるので、安くしたいなら5円前後がおすすめです。業者の中には3円という安い価格で請け負う場合もあります。また、件数が大量になると割引になるケースが多いです。

支払い方法は手数料のかからないコンビニ払いかカード払いがおすすめです。コンビニ払いは請求書の紛失と支払い忘れが起こりがちな点は注意が必要です。クレジットカードで支払えばカードのポイントも貯まって一石二鳥といえます。支払いに関しては基本的に難しい作業はなく簡単に済ませることができます。

サイト内検索
記事一覧