口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

料金の支払い方法の種類はどのくらいあるの?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/10

会社の宣伝をするためには、さまざまの宣伝方法があります。企業間取引きにおいては、単にチラシなどを配るよりもFAXDM業者を利用してFAXをおくったほうがメリットがあることも少なくありません。

このような場合には、支払い方法がどのようになっているかを理解しておく必要があります。

現金で支払う場合が一般的になっている

FAXDM業者を利用する場合でも、たった一回だけ利用する場合で金額もそこまで大きくならない場合は、現金で支払うのが一般的になります。現金で支払うメリットは、なんといっても支払いを素早く終えることができる点です。

これは、相手方の企業としても非常に安心できるパターンです。後からお金を払ってもらうよりも、その場で現金で受け取ったほうが確実にしかも短期間で回収することができるからです。

企業間取引きにおいては、数カ月経過してからお金が支払われるパターンもありますが、それに比べると後になってお金が払えなくなったという問題点がなくなり不良債権を生み出すこともありません。

ただこの場合には、現金を持ち運ぶ危険性もあるでしょう。10万円以内ならばそこまで問題はありませんが、100万円単位になると持ち運ぶときのリスクは計り知れません。

そのように考えると、やはり、金額が少ないときにこの方法を用いるのが一般的で、1か月間に10万円単位の取引きが何度もおこなわれる場合や、一度に数万枚のファクスを送る場合などのように金額が大きくなる場合は、取引きの安全を考えても別の方法を考えたほうがよさそうです。

カードでのやりとりもできるところが多い

最近は、クレジットカードを使ってのやりとりも少なくありません。クレジットカードのやりとりは、基本的に大きな会社がおこなうことはありませんが、個人事業主などならば十分対応することができるでしょう。

個人事業主は、株式会社などとは異なり個人で営業していることがほとんどですのでわざわざ手形などを発行することはありません。自分のクレジットカードを利用すれば、その分ポイントも貯まるためメリットが大きいといえるでしょう。

しかも、個人の場合にはそれほど大きな金額の取引きになりにくいのが特徴になります。会社と個人で取引きをしているのに、毎月数100万円のお金が動くということはまずありません。せいぜい10万円単位になるでしょう。この場合、クレジットカードならば気軽に支払うことが可能になります。受け取るほうの会社も、現金を持ち運ばずに受け取りやすくなりますので、メリットは大きいといえます。

デメリットはあまりありませんが、大きな取引きでは使わないことや支払おうとしては後で現金が引き落とされますので、いくらか資金繰りが難しくなるようなこともあります。もちろんこの点に関しては、十分にお金の管理にさえ気をつけていれば問題ありません。特に、入ってくるお金よりも出ていくお金を気にしておけばお金が支払えなくなるようなことはまずないといえるでしょう。

約束手形で支払う場合も考えられる

企業間取引きにおいて、それなりの回数の取引きが1カ月でおこなわれる場合や数カ月の間でおこなわれる場合、約束手形が使われる可能性があります。

約束手形は、60日手形あるいは90日手形と呼ばれるものがあり、手形を振り出せば60日手形の場合には60日経過して時点で、銀行に持っていくと現金に換えてくれます。90日手形も同様に90日経過した後時点でその手形を銀行に持って行けば現金に換えてくれる仕組みです。

このように、お金がない場合などは一時的に手形を発行してFAXDM業者に渡しておくことが大事になるでしょう。この方法は、確実に後からお金が入ってくると予想できる場合に使うことが必要です。

後からお金が入ってくるかわからないのに手形を振り出してしまうと、お金が入ってこなかった場合手形を現金化することができなくなってしまいます。そうすると不渡りと呼ばれるものが発生し銀行から信用がなくなり取引きも停止されてしまうでしょう。

最近は、一回の不渡りを出しただけで事実上倒産になることがありますので、慎重に利用しなければいけないところです。メリットは、企業間で何度も取引きをする場合、逐一領収書などを発行する必要がないことです。

例えば1か月のうち5回取引きをした場合は、毎回現金払いをするとすれば5回の領収書を発行しなければいけません。そうすると、非常に面倒です。そこで手形で支払うことによりこれらの手間を省くことが可能になります。

 

FAXDM業者を利用する場合には、少ない取引きの場合は現金で支払うのが基本になります。現金払いのメリットは、受け取るほうの会社はすぐにお金を受け取ることができる点です。ただ、ある程度大きな金額になると持ち運びをすることが危険なため、別の方法を利用するのがよいです。

また最近は、カード払いで支払う方法もあるでしょう。カード払いは、現金を持ち運ぶ必要がないため安心です。ただ、支払う側としては数カ月後に請求がくる点は注意が必要です。最後は、ある程度大きな取引きの場合手形を利用する方法もあり得ます。




サイト内検索
記事一覧