口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDM業者を利用する目的とは?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/18

FAXDMを実施する際にFAXDM業者を利用する目的は、費用対効果を最大限に発揮するために尽きます。

自社で何度かやってはみたものの、成果が出ずにコストを無駄にしたという会社もあるかもしれません。

メールやWebサイトでの宣伝が主流となっている現在、FAXDMに取り組むためにはしっかりとした戦略とノウハウが必要です。

 

マーケティング的目線でFAXDMを実施できる

FAXDMを実施するにあたり、何のためにFAXDMをするのか、目的があいまいな場合が少なくありません。スタートがぼやけていると効果も得にくいですから、FAXDM業者が第三者の目線で必要な要素を洗い出せるのはメリットでしょう。

一般的には、FAXDMの目的は集客、資料請求など問い合わせの獲得、商材の注文受付のほか、ニュースレターなどの配信にも利用されています。明確にするポイントは、受け取った相手にどんなアクションを起こしてほしいかを考えることです。そうすることで企業にFAXを送るというあいまいなビジョンから、どの会社のどの部署の、どういう立場の人に受け取ってもらうかを具体的に設定できます。

受け取る相手がどんな相手かは、FAXDMの戦略を立てるうえではとても重要です。既存顧客と新規顧客とでは異なりますし、業種はもちろん、企業規模によってもアプローチは変わるでしょう。どんな部署のどんな役職者がどのような課題を抱えているか、関心を持っているか、情報を把握していると戦略立てがスムーズに行きます。

優れた業者の場合、こうしたマーケティング的な目線を持ってFAXDMを実施できるため、力強いパートナーになり得るでしょう。もちろんさまざまな業者がさまざまなサービスを提供していますので、こうした目線とは関係なく単に配信作業だけを受け持つ格安の業者もあります。つまりどこまで自社でおこないどこから任せたいのか、委託する前にどのような働き方をしてもらいたいのかじっくり考え、業者選びをすることも大切です。

 

培った配信ノウハウを利用できる

単にFAXを送信するだけと考えるとFAXDMはなかなか成果を出すことはできません。FAXDMにはさまざまなノウハウがあり、業者は経験と実績から最適解を導き出して運用しています。

たとえば、どのタイミングでFAXを配信するかといった点にもノウハウがあります。FAXDMは受け取る側の時間を拘束せず、ゆっくり見てもらえるタイミングを見極めて送れば、成功率も高くなります。

ポイントは相手のFAX機を使うという点で、一般的に業務でFAXが重点的に使われる時間帯に送ってしまうと、まず見てもらうことはできません。常識的に考えて早朝や夜間、休日は避け、平日の日中、比較的業務が落ち着いた時間を狙うのが一番です。業種によってもこれは変わりますし、何度か試して反応を見る必要がありますが、FAXDM業者に頼めば最初から一定の実績を踏まえて実施が可能です。

ゼロから自社で構築するのは非常に手間とコストのかかることですので、やはり業者に依頼したほうがスピーディーでしょう。また、何をするにも目標設定は必要ですが、何もないところから数値などの指標を設定するのは難しいことです。これらも業者に市場状況を確認して、アドバイスを受けることができます。

 

配信した後に成功に導く技術がある

単にFAXを配信するだけなら、さして難しくはありません。肝心なのは配信した後からで、反応があった場合のスピーディーな対処ができるかどうかが大きな分かれ目になります。たとえば配信停止依頼も含め、反応がある場合はかなりスピーディーに返ってきます。

せっかく何らかの反応があったのに、いざとなると誰が何をどのように対応するか分からず、せっかくのチャンスを見逃すケースもあります。スピーディーな対応ができる体制を構築するためにも、業者へ依頼するのは良い手段でしょう。

まず送信したら送信結果を確認し、成功と失敗の割合をチェックします。成功した先には送りっぱなしにせず、テレアポを組み合わせることで成功率を上げる手段もあります。もし失敗した場合には、エラーの内容によっては再送も可能ですが、再送しても届かない場合や不明なエラーが出る場合はハガキDMなどに切り替える算段が必要でしょう。

そして目標に対して結果を分析し、次につなげる改善をおこなうことがもっとも大切です。相手に求めるアクション要求が高すぎなかったか、ターゲットが適切だったか、タイミングや原稿の改善点などをすべて洗い出し、新しい企画を立てることが重要です。

これはFAXDMに限ったことではありませんが、きちんとマーケティング施策をおこなったうえで、1度きりではなく継続して成果を出す努力を続けることが必須と言えます。

 

FAXDMを業者に依頼する目的は、FAXDMを成功に導くためのノウハウを得ることです。さまざまな業者がいますが、マーケティング的視点と実績を持つ信頼できる業者であれば、委託する価値は十分にあるでしょう。

ゼロからすべて自社で構築するコストを省き、一定の分析のうえで実施することができますし、成果をもとに次につなげる改善策も打ち出せます。FAXDMは継続することで成果を出す手法ですので、是非長く付き合えるパートナーを選んでください。

サイト内検索
記事一覧