口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

簡単に手続きできる!FAXDMの利用方法

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/19

思いのほか簡単に手続きできるのが、FAXDMの利用であり配信の手続きはスムーズに行うことができます。

一般的なダイレクトメールと比べても、紙を使用しませんのでそれだけ費用面を安く抑えられるうえに、確実に相手先に届きますので効果も高い手段です。

代金の支払い方や初期費用、ファイル形式や原稿の作成など、気になることも順調に解決できます。

 

プロの代行業者への依頼でレスポンスの良いアピールを

コスト削減をしながら顧客へのアプローチをするために、FAXDMの利用方法はとても簡単であり、効果の高い手段でもあります。

取引をする登録を行い、原稿を用意することになりますが、プロによる作成を依頼するのもひとつです。

どのような原稿にしたらよいのか、アドバイスを受けることができれば困りません。

できるだけ反響を得られる原稿を、最初から作成したいときにも助かります。

代行会社に依頼をするのが、実際に送信をする際にも良い方法です。

自社で考えながら行うこともできますが、中には無償で配信リストを提供するサービスの良い業者もあるので、手探りであれば利用をしない手はありません。

効果的なFAXの文面にすることで、送信先には読んでもらえる可能性が高まります。

すべてを自社で行う配信も努力の一つではありますが、業者への依頼はプロだけに余計な手間がかかりません。

自分たちで試行錯誤をして配信をするよりも、知識と経験値も高いプロ業者に任せることで、マーケティングとしてもレスポンスは良いです。

打てば響くようなマーケティングを目指すなら、業者の利用は賢い方法でもあります。

 

初期費用や基本料金までチェックをして選ぶことも肝心

配送代行業者を選ぶにあたりFAXDMのサービスにかかる、初期費用はいくらになるのか、基本料金はどれほどかまで比較をすることです。

できるだけ安く配信料を抑えたいのが本心であり、一般的には配信単価は、どれくらい配信をするかにより違いがあります。

交渉をして安くするのもひとつであり、単価を出すにしても数回の回数で分けるなどコツを抑えて依頼をすることです。

エクセルなどを利用してデータベースを作り、顧客の反響により継続的に段階に合わせての活用をすることもできます。

まだ悩んでいる段階の顧客もいれば、現在検討をしていることもありますので、ステップに合わせてのアプローチのためにデータベース化をするのは良い方法です。

集客の手段としてFAXのみではなく、他のメディアを活用してミックスをさせると効率も上がります。

ネット時代だからこそのEメール配信や、折り込み広告を新聞に入れるなどして、相乗効果でさらに効果をアップさせる手段です。

もちろんFAXDMだけでも効果は高く、さらに発展した方法で他のメディアも活用するのもひとつになります。

 

リストレンタルで始める利用の流れ

リストレンタルを使う場合のFAXDMの流れとして、希望をする業種やエリアなどをまずは伝えます。

その地域や業種などの配信先宛先を、業者側ではピックアップすることが可能です。

原稿に関しては自社で用意をしたり、サポートを受けたり作成をすることができます。

原稿を送信する日時、および送信枚数などが決まり次第、業者側へ提出をしての配信です。

請求書が送られてきますので、指定の銀行口座への入金になりますが、後払いでの取引をすることもできます。

一斉にFAX原稿の内容を送信することになりますが、それらは全て業者に任せることができるので安心です。

費用面はいくらくらいかかるのかを知りたい場合は、見積もりを事前に発送してもらうなど手段はあります。

キチンと依頼を受けた原稿を一斉に送信した後は、結果を依頼主側へ報告してもらえますので、実際に行われたかどうかを不安に考える必要もありません。

万が一ですが送信をしてクレームがあったとしても、業者側で引き受けてくれれば、余計な手間もストレスもかからないです。

 

既にリストがあり持ち込みの場合ならば

リストが手元にありそれを持ち込みFAXDMを活用するなら、業者にFAXの原稿を提出します。

送信をする具体的な枚数に日時も決定して、リストもすでにあるならばよりスムーズなやり取りです。

取引をする相手のキーマンたちに、できることならばダイレクトメールは全て開封をしてもらいたいと考えます。

しかし現実的なこととして、封筒などの紙媒体では開封までのハードルが高く、ネット時代だからこそのメールも、件名を読んでゴミ箱へ移動ということも少なくはありません。

そこで紙媒体にこだわることなくFAXを活用することで、開封をする確率は100%です。

そもそも用紙で届くことになりますので、封筒を開けるような手間がありません。

メールのように件名で削除をされたり、誤って迷惑メールのボックスに移動をして、開封どころか気が付いてもらえないようなハプニングもないです。

宣伝広告費用に賭けるお金は限られていますが、そんなコスト面においても他の手段よりも優れています。

おまけに封筒を用意したりする、あらゆる手間もFAXなら軽減されるので効率的です。

 

FAXDMでの集客に置き換えることで効果は高まることに

様々なアピールや宣伝をするために、従来の紙媒体やメールでのダイレクトメールは活躍をしますが、FAXDMに置き換えることでさらに効果は倍増です。

あらゆる起業セミナーやイベント開催の告知に関しても、タイムリーに配信をすることができます。

取引先をさらに拡大させたい時にも、有能な人材を確保して育成をしたいと考える際にも大活躍です。

融資や経営支援に保険など、福利厚生や不動産関連のイベントなどを知らせる際にも役立ちます。

工夫を添えることができるので、来場時のプレゼント引換券をプラスしたり、会場へのわかりやすいマップを添えることも可能です。

セミナーやイベント告知目的だけではなく、物品販売においても効果をもたらす手段になります。

1年の中で季節ごとのイベントややりとりも多い日本だけに、シーズンで需要の高まる製品に合わせて送信をすることも可能です。

夏場や年末にあるお中元やお歳暮時期の贈り物や、引っ越しなどの際には、あらかじめ人気商品があります。

また在庫処分の際にも、特売にした商品宣伝や安価な提供をアピールするのもの良い方法です。

 

既存顧客に対しても新規営業開拓にも効果的

手続き自体も簡単にできるのがFAXDMであり、既存顧客に対しての営業活動だけではなく、新規開拓営業にも役立つ手段です。

新しい顧客を獲得するためには、一般的にセールスマンが飛び込みで獲得に臨みますが、そのFAXバージョンになります。

実際の飛び込み営業はさほど高い効果は見込めず、労力だけが消耗をされやすいですが、FAXでのアプローチはセールスマンほどのコストにはなりません。

人が営業を仕掛けるためには、そのための営業時間もかかりますし交通費も必要です。

考えるよりも高いコストが必要ですが、FAXでのアプローチならそこまでの費用は必要がありません。

営業をかけるのであれば、まずはFAXDMでアクションを起こし、手応えのある反応を得ることのできた顧客に対して、的を絞ってのセールスをしたほうが期待は高いです。

新規だけではなく既存顧客への良い戦略にもなる手段であり、購入後何年も時間が過ぎていたとしても、掘り起こしでのセールスをかける良い手段です。

何度も商品購入をしてくれている顧客であれば、お得なサービスをプラスしてのアピールができます。

 

セールスの効果が高いとされるFAXDMの利用方法は、行ってみると拍子抜けするほど簡単です。

これまでの紙媒体やメール配信での宣伝で行ってきたことは、ほとんどがFAXDMでも行うことができます。

大量の印刷を行ったり配送をする、封筒やはがきよりもコスト面も安価です。

 

 

サイト内検索
記事一覧