口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMで送信エラーの分の料金はどうなるの?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/09

効率的な宣伝方法の1つとしてFAXを使ってダイレクトに相手に届くようにするFAXDMがあります。そのノウハウを持っていて、提供してくれるのがFAXDM業者ですが、使ってみる前に疑問や負担があるでしょう。その1つが送信エラーの場合の金額のカウントの方法です。

必要な相手に確実に損なく届くDM

相手を選別して宣伝をおこなう方法にはチラシ配布や郵便によるDMがあります。そしてもう1つが最近増えているFAXDM業者によるFAXを使った宣伝です。

どこがチラシや郵便と違うかと言うと、効率性とコスパの良さがあります。というのもチラシや郵送では届ける相手を絞ることはできますが、届けるということ自体に多くの人件費がかかるので、割高になってしまいます。

配布の前段階でもチラシや郵送を作る業者は別に外注したり、出来上がった紙媒体を仕分けたり保管する手間もかかります。その点で多くの費用と時間がかかり、便利ではありますが無駄も多いのがネックでした。

それを取り去ったのがFAXDM業者で、FAXなら相手のFAX番号さえ登録できればボタン操作だけで自動送信できます。原稿が用意できれば必要なときに瞬時に送れて完了しますので、タイムリーな情報を届けることで反応率も高まります。これなら、途中で他の業者が入ってくることもないですし、配送するという工程もありませんのでスピーディーです。

もちろん、その分の人件費もかからないのでリーズナブルに宣伝ができるのでお得です。費用と手間いらず、効果的という、多くのメリットがあるので人気なのも頷けます。

FAX番号を登録した中でグループ分けもできるので、よりぴったりの宣伝ができる臨機応変な点も人気の理由でしょう。

送信エラーは料金にカウントされるのか

確実に狙った相手に的確な宣伝ができるFAXDMですが、トラブルで考えられるのが送信の不具合で届かなかった場合です。送信エラーになっても、再度送ればいいので手間の面では大きな面倒にはなりませんが、料金がどのようにカウントされるのかは気になる方も多いでしょう。

まず、FAXDM業者の料金体制は各社いろいろですが、多くは月額の基本利用料があるケースが多いです。そこに1枚当たりの送信費用が加算される仕組みが主流です。とは言っても各社で異なるので、事前にチェックが必要です。送信費用も多いほどまとめ割のように、1枚当たりの単価は安くなることもありますし、専用のFAXのリース料がかかることもあります。

また、DMを送るときに、その原稿を作成代行もしてくれるFAXDM業者もあります。その場合、原稿作成料は別途発生します。ただ、その場合でも郵便やチラシ配布に依頼するよりもお得感があります。

さて、送信するごとに料金がかかるなら、送信エラーの場合が気になります。実際には送れていないので、FAXDMの役割を果たしていないので、多くのFAXDM業者ではノーカウントになることがほとんどです。

例えば月ごとに料金を請求されているなら、1か月の最後に集計するので、そのときに送信エラー分を差し引くことで、カウントしないことが多いです。これが郵送DMやチラシ配布だと、届けた先が不明であっても配ること自体に人件費が発生していますので、料金が戻ってくることはありません。そう考えると良心的なシステムと言えます。

送信できない原因はいくつかあるのでチェックが必要

送信エラーの場合は、FAXDM業者はその分を請求しないケースが多いのは嬉しいサービスです。しかし、送信できない原因を突き止めないと、再度同じことになります。そこでいくつか多い原因を挙げましょう。

まずは番号間違いです。登録するときや打ち込むときに、1桁でも違う番号になってしまえば該当なしで送れません。間違いないかや変更がないかを確認するようにします。

次の原因は相手の回線の使用中が続いたときです。例えば相手先がFAX回線を1つしか持っていなかったとします。その回線に書類など多くのFAXを流してもらっていた状態だと、回線が常時使用中になるので、他からの連絡を受け付けない状態になっています。これだと待機していたとしても、長すぎる時間になってしまうと送信エラーとして返ってきます。

少しの時間の使用中であっても、待機して回線が空くと送信準備に入ります。ですから、使用中は全部届かないということではありませんが、あまりにも長時間回線が空かない場合は届かないで戻ってきます。この場合は日を改めて送るなどすると解決する場合が多いです。

また、相手方が電話番号を非通知だと受け付けない設定にしていることもあります。これも送る側が通知することで送れますし、DMの信頼性を高めるためにも、送信元を明確にしておくことが大切です。初めから通知するようにしておくと、混乱のリスクも減ります。

 

FAXDM業者によるFAXDMは効率も良く、ダイレクトに相手に届くので無駄がありません。しかも、送信できずに終わった場合は、その分はカウントされないことが多いです。

実用的な料金体制になっているのも人気の理由でしょう。郵便やチラシによるDMの場合は、配ることに人件費がかかるので、エラーだから料金はかからないとはいきません。

届かない原因は相手方が受け取る体制になっていないとか、番号のミスによるところが多いです。しっかりと確認して管理しておくと、スムーズに送信できます。

サイト内検索
記事一覧