口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者10選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDM業者に依頼できる原稿サイズはどれぐらい?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/27


ハガキを利用したDMは、郵送料が高くつくことや発送までに時間がかかることなどがデメリットといえます。同じ量で効率よく配信したいならFAXDM業者に依頼すると良いでしょう。ハガキよりも多くの情報を伝えられるので、宣伝効果も高くなります。FAXDM業者によって受け付けてくれる原稿サイズが違う場合があるので注意が必要です。

FAXDM業者に依頼できる原稿サイズは?

FAXDM業者に依頼できる原稿は基本的にA4サイズになります。その他のサイズとしてはB4を受け付けているところもありますが、条件が変わってくることがあります。サイズは紙の大きさに対応した規格で、A判が国際的に通用するもので、B判は日本のみになります。

もともと和紙を利用していた日本では、そのサイズが標準として考えられていて、それをB判として定義するようになりました。国内の広告の多くに使われていて、B2のポスターやB3の電車の中吊り、B4の新聞の折込みチラシなどがあります。対してA判は新聞紙のA1サイズが最も一般的に流通しているものといえます。

最近ではレポート用紙やオフィスの書類、行政への提出書類など多くの場面で使われるようになり、コピー用紙の多くもA判が主流となりつつあります。サイズが大きい方が情報を多く載せられるので便利なのは事実です。その考え方からすると同じ数字であればA判よりもB判の方が大きくなります。

新聞の折込みチラシでも使われているなら、同じ常歩が使えるのでとても便利です。それでもFAXDM業者の多くがA4を推奨しているのは、受けての機器の事情があるからです。送信側の事情だけで考えられないのがFAXの制約といえるでしょう。A4でもハガキと比べると2倍以上の大きさになるので、伝えたい情報からすれば、それほど小さいと思うようなことはありません。

原稿サイズを選ぶときに注意すべきことは?

A4が主流となった理由に、FAX受信機の変化にあります。以前は感熱紙を使ったロールタイプの用紙を使ったものが一般的でした。このロールタイプはB4の短辺と同じなため、長さを合わせればB4として使うことができます。短くするとB5としても使うことが可能です。現在では感熱紙を利用するFAXが減って、A4のコピー用紙を使って印刷するものが増えてきました。

そのまま資料としても使いやすいので、使い勝手が良いと言う理由もあります。感熱紙は時間が経つと消えてしまうと言うことも影響して、利用者がどんどん少なくなっていることも事実です。このような理由からA4を利用している受信者が多く、そのような相手にB4の原稿サイズで作ったものを送ると、受信時に縮小されて印刷されてしまいます。

8割り程度の大きさとなり、文字によっては潰れてしまい、解読不可能になってしまうものもあります。このような理由から、A4を基本として考えて、何らかの事情がある時だけB4を利用するというような方向になりつつあります。

原稿を作る時には、特別な事情がない限りA4で作った方が良いでしょう。万が一B4を選ぶ時には、文字を極力減らして、ポップやイラストなどで表現することでサイズ変換に備える必要があります。バーコードなどは機能しなくなる恐れが高いので、インターネットの誘導は大きな文字で記載する必要があります。

原稿サイズを気にしたデザインとは?

広告は情報を多く伝えることが重要と考えている人が多く、原稿サイズのいっぱいに書かれていることがあります。たとえば雑誌の記事などでページいっぱいに文字が書かれていたら、内容を読みたいと思うでしょうか。自分から購入したものでも、文字の多さにひるむことがあるのに、送られてきたFAXに真摯に読み込んでくれる人は少数です。

まずは2cmの余白を作ることを覚えておきましょう、それだけで読みやすさが変わってきます。余白は原稿サイズに影響されず、大体2cmは必要と考えてください。送信後に付加情報が追加されるため、それぐらいが妥当です。白黒でしか伝えられないFAXでは、あまり凝ったイラストは好まれません。

必要最低限の使い方で十分です。コントラストを気にしなければならない写真ではなく、モノクロで表現できる簡単なイラストがおすすめです。看板や標識などに使われるピクトグラムは有効です。使用するフォントも原稿サイズに限らず10ポイント以上が適当です。

あまり複雑な感じは潰れてしまうので、その場合は12ポイントぐらいまで上げても良いでしょう。変わったフォントを利用すると読みにくくなる恐れもあるので、ゴシック系のものを使い、文字つぶれが発生する強調はできるだけ使わない方が安心です。線や円などを利用する時も、できるだけ太いものを使った方が、汚れと勘違いされず効果的です。

 

FAXDM業者による理由ではなく、受信側の理由で原稿サイズが制約されます。正しい情報を伝えたいのであれば見やすさを重視し、A4を使った方が良いでしょう。読みやすくわかりやすいことが広告の最低限の要件といえるため、原稿作成時に確認することをおすすめします。

サイト内検索
記事一覧