口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

送信単価が安い!FAXDMの魅力とは?

新規顧客を開拓するために、DMを送るという方法は一般的に行われている方法です。

DMと一口に言っても、様々なタイプがありますが、せっかく送っても見てもらうことが出来なければ意味がありません。

手軽に安価に多くの人に情報を届けることが出来る方法として多くの企業などに取り入れられているのがFAXDMです。

 

FAXDMは多くの人に見てもらう事が出来る

FAXDMのメリットや魅力のひとつとしては、多くの人に見てもらえることが出来るということです。

例えば、従来から行われているはがきや封筒などの郵送によるDMは書類を封筒に入れる手間がかかりますし、発送をする手間と時間も必要となります。

そのような労力を掛けているにもかかわらず、必ずしも見てもらう事が出来るとは限りません。

はがきや封筒によるDMでは、送る企業も開封率を高めるための様々な工夫をしていますが、それらを受け取った人が必ずしも開封をしてくれるというわけではありません。

一方のFAXDMの場合は、発送をしたり、封筒に入れるという必要はありませんし、開封率をそれほど気にする必要もないのです。

はがきなどに比べると、一度に多くのところに送信をすることが出来ます。

そして、はがきや封筒のように情報を見てもらえないまま処分されてしまうということも少なく、多くの人に目にしてもらうことが可能です。

特に多くの人に情報を見てもらいたいという場合であれば、適している方法であると言えるでしょう。

 

単価が安いため、取り入れやすい

はがきや封筒によるDMの場合、送料などの経費が必要となります。

あらかじめ様々な物を準備しなければならないこともあり、一通あたりのDMの費用が高くなってしまいます。

送信をする範囲や人数がある程度限定的なものであれば、費用を抑える事は出来ますが、大量に広範囲にわたって送るという場合には、多額の費用が必要となります。

はがきや封筒を用いた方法で単価を低くするとなると、思ったような品質にならないこともあります。

FAXDMであれば、大幅に手間を省く事が出来るということもあり、一通あたりの費用を抑える事も出来るでしょう。

一通あたりの送信単価を比較してみると、状況にもよりますが、10分の1以下となることも珍しくはありません。

1からデザインを考えるとなると、経験がなければデザインを考えるだけで時間がかかってしまいます。

業者の中には、あらかじめいくつかのデザインのテンプレートが用意されており、そこから自社のイメージに合わせてデザインを決める事が出来るところもありますので、分かりやすいデザインにすることが出来るでしょう。

 

新鮮な情報をすぐに提供することが出来る

新しい情報はあっという間に古くなってしまいます。

より早く情報を提供したいという場合にもFAXDMは最適です。

はがきや封筒で送るタイプのDMは発送としてから実際に手元に届くまでには数日を用意します。

チラシなどは送る件数が多いという場合もあり、即日で送るのは簡単なことではありません。

その点、FAXDMであれば発送をするという必要はありませんし、情報を送りたい相手のFAX番号さえ分かれば、それを入力し送信をするだけで簡単に相手に情報を送ることが出来ます。

件数が多いという場合でも、すぐに送ることが出来ますので、早い段階で情報を提供したいという場合には、向いている方法でしょう。

ただし、注意をしなければならないこともあります。

それが、FAXを使用したDMは受信側のインクや紙を使用するということです。

最近では実際に印刷をするFAXを選択することが出来る機種もありますが、全ての人がそれを導入しているというわけではありません。

あまりにも短期間に大量に送りすぎてしまうと、迷惑になる可能性が考えられます。

 

FAXDMを利用するための方法とは

FAXDMの利用方法は専門の企業に申し込みをするということが最も簡単な方法でしょう。

いくつかの企業のサービス内容や費用を比較し、納得することが出来るところを見つけたら、申込みをしましょう。

費用については、企業により異なりますが、月額利用料や初期費用、デザイン料などがかかることがあります。

送信をする量による割引や継続利用をすることで割引などが用意されているところもあります。

ホームページなどで料金について掲載しているところもありますが、実際に利用するという場合には、若干の費用の違いがあることもありますので、必ず見積もりを依頼するということがトラブルを防止するためには重要になってくるでしょう。

契約をする企業が決まったら、契約を行います。

その時に契約をした企業に対して宛先リストを送ることによって、FAXによる一斉送信をすることが可能になります。

豊富な経験や実績のある企業を選ぶことによって、集客率や効率アップに対するアドバイスを受けることが出来る場合もありますので、企業を選ぶ時には参考にしましょう。

 

手元に残してもらうことが出来る確率が高い

メールによる情報送信は古いものからどんどん削除されてしまったり、埋もれてしまうこともあります。

FAXDMの場合、紙媒体として出力されることから、すぐに目にとまらなくなるという事はありませんし、見返してもらうことが出来ます。

実際に利用している人の中でも、すぐにはその効果を得ることは出来なかったが、少し時間が経過してから反応があったということもあります。

情報にもよりますが、番号を割り振りシリーズ化することによって、管理もしやすくなりますし、集めたいという考えを持つ人にも人気になることが出来るでしょう。

FAXは白黒で出力されることがほとんどですので、はがきや封筒などのDMに比べると細かいレイアウトやカラーリングに凝る必要はありません

それによって、キャッチコピーや提供したい中身の文章により集中させる事が出来るでしょう。

これまでよりも深く考える必要なくデザインを考え、送信をすることが出来るということが従来のはがきや封筒によるDMにはない特徴でありメリットであると言えます。

 

FAXDMにもデメリットはある

FAXDMの効果は送信のタイミングやその内容などによって大きく異なりますが、新規開拓を目的としている場合の反響率は0.1~0.3%ほどと言われています。

これが多いの少ないのかは考え方によって異なりますが、例えば1000件の送信で得られる反応は1件~3件ほどです。

10件以上の反応を得るのは非常に難しいのが現状です。

より多くの反応を得たいという場合には、出来るだけ多く送信をする必要があるでしょう。

はがきや封筒などに比べると単価が低いということもありますが、意味のないことは無駄でしかありません。

そのため、反響率を高めるための工夫が必要となるでしょう。

工夫の方法としては、魅力のある原稿を作るということや送るリストの精度を高める、FAXDMだけではなく、その他の営業と組み合わせて行うという方法があります。

特にFAXDMの成功のポイントは、送る相手を見極めるということです。

新規開拓はもちろんのこと、既存の顧客に対しても再度アプローチをすることで、少ない送信料でも反響を得られます。

 

FAXDMは従来のDMに比べて単価を抑える事が出来るというメリットがあります。

ただし、送り先やその内容をしっかりと吟味しなければ、無駄になってしまう可能性もありますので、導入をする時には企業選びも含めてしっかりと考える必要があると言えるでしょう。

サイト内検索
記事一覧