口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者10選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDM業者のサポート体制は?

公開日:2020/06/15  

FAXDMというサービスはFAXで営業チラシやダイレクトメールを顧客などに送信してくれる業者です。利用するときにはサポート体制などがしっかり整っていないといけないので、どのような業者が良いのか知っておきましょう。

WEB依頼ができるサポート力がある業者を利用しよう

他の広告媒体と比較するとFAXDM業者は非常に安価なコストで営業をおこなうことができます。ただ安いからといって適当にサービスを利用しても問題が生じるときがあるので注意しておきましょう。

どのようなFAXDM業者を選択すればいいのか迷っている場合サポート体制に注目をするのがおすすめです。基本的に本サービスを利用するときにはネット管理に対応してくれるところを利用するのが適しています。

ネットから依頼できるサービスの場合ヒアリングシートをWEBからダウンロードすることが可能です。ヒアリングシートとは、どのような希望があるのか顧客のこうしたいという要望を記入するものです。その後ヒアリングシートと現行の草案をネット上からアップロードすることができます。

直接業者に会って原案などを渡す必要がありません。そのためスムーズにヒアリングをおこなうことができるのがメリットです。いつでもFAXDMを利用したいときには、ネット上から依頼できるので急いでいるときも活用できます。

ちなみに修正点などがあれば修正もおこなってくれます。修正回数に関しては業者により違うので確認しておきましょう。WEB上から依頼できるサポート力のあるサービスはインターネット社会に適しています。一分一秒を争う現代にはマッチしている業者です。

クレーム対応力のあるサービスがおすすめ

FAXDM業者を選定するときに需要になるのがクレーム対応のサポート力です。どうしてFAXをおこなう宣伝でクレームが起こるのかというと、受信側のFAX機でメールを印刷するからです。そのためインク代や紙代がかかってしまうので先方からすると余計なコストがかかってしまいます。紙やインク代は数十円くらいのコストですが、それでもでもクレームがくる場合があるので注意が必要です。

FAXDMの場合、消費者への広告のみ特定商法取引法が適用されます。ただしBtoBなどは対象外になるので個人情報保護などの法律には触れません。安全にBtoB向けに広告を出すことはできるのですが、受信側の気持ちを考慮して宣伝活動をおこなう必要があるでしょう。

これからFAXDM業者を選ぶときにはどのようなクレーム対応をしてくれるのか調べておくのが基本です。もしクレームが来たときは広告先の企業に対してあまり良いイメージを与えることができません。FAXDM業者のクレーム処理や対策に着目しておけば万が一問題が起きたときも、リスクを最小限に抑えることが可能です。

コンサルティング力も考える必要がある

広告を送るときにちょっと気になるのがうまく顧客を獲得できるかという部分です。適切な広告を出すにはそれなりの知識や経験が必要になるので注意しておきましょう。

自社で広告を作るセンスがないというときはFAXDM業者のコンサルティング力に注目をします。コンサルティング力の高い業者なら適切な広告を作ってくれる可能性が高いです。

コンサルティング力は成功率を高めるためのサポート体制に関係するので特に注目しておきたい部分です。

例えば自社で広告を作ったら、それをFAXDM業者に依頼します。その際FAXDM業者が原稿を確認してキャッチコピーや文字の大きさなどを的確にアドバイスしてくれるのか確認しましょう。

広告は送るときに反応率の高い日時というものがあります。確実に顧客を多く確保するためには反応率の高い日時を把握して、広告を送信するのが適切です。FAXDMを利用するときにはいつ広告を送信するのかも確認します。

また目標とする反応件数を逆算してアドバイスをしてくれるといったサポート体制が整っているのなら、最適な結果を出すことが可能です。

上記の体制があるサービスを探すのなら、各業者のホームページに行きアドバイス内容をチェックしましょう。戦略的なアドバイスをしてくれるのか、一番効果的な配信日時を教えてもらえるのかを確認します。

また料金については返金対応してくれるサポート力があるのかチェックすると安心です。基本的にFAXDM業者は到達件数分のみの料金請求をする業者がおすすめです。返金サポートのある業者なら、不達分の料金は次回依頼をしたときに値引きしてくれるか、もしくは返金対応をおこなってくれます。

 

広告を出すときはFAXDM業者を使うのがおすすめです。業者を選定するときはサポート力を重視すると安心です。例えばWEBから依頼ができるのか、クレームに対応力はどれくらいなのかを確認しておきましょう。

またコンサルティング力サポート力なども確認しておきます。しっかりしたコンサルティング力があるサービスなら、原稿の修正や送信日時の調整などもしてくれるので便利です。また不達分の返金があるところだと余計なコストを支払うデメリットもありません。

サイト内検索
記事一覧