口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

宣伝効果が高いFAXDMとは?

昨今注目されているFAXDMは宣伝効果が高いとされるプロモーション手法の一種といわれていますが、具体的にどんな方法なのでしょうか?

そこで、このFAXDMという手法はどんな方法なのかということやどういった利点を持つのか、またどのような短所があるのかなどについてご紹介します。

 

FAXDMはFAXを活用したDM

ダイレクトメール(DM)は個人や企業などに対し、様々なシーンで宣伝広告活動のためのツールとして活用されています。

このDMにはハガキや封筒といった複数種類の情報媒体が用いられていますが、FAXもその1つになるのです。

FAXを活用してこうした宣伝や広告を行うダイレクトメール型のプロモーションをFAXDMといい、FAXを用いてチラシやニュースレターといった販売促進のためのDMを送る広告宣伝の手法がFAXDMなのです!

FAXDMの大きなメリットとして挙げられているのが1件あたりの送信にかかるコストで、この手法は単価が安くて費用対効果という点で見ると高いといわれているのです。

宣伝効果はレスポンス率や成約率などで図ることができますが、このような点から見ると宣伝広告を行った時にかかった費用に対するレスポンス率や成約費用は相対的に低くなっているということで宣伝効果が高いのだということなのです。

このFAXDMには対費用効果だけでなく他にも様々なメリットがあり、同時にデメリットもありますのでこうした点を理解した上でこの手法を用いて営業活動するということが大切になります。

 

FAXDMは送った人に見てもらいやすい

FAXDMは広告宣伝活動などで用いられているマーケティングツールで、得られる効果とかかる費用を見た時にコスパに優れた方法として注目されているのです。

このFAXDMにはコスパの他にも色んなメリットがあると言われており、送った人に見てもらい易いと言った点も利点として挙げられています。

封書のDMであれば開封してもらうということが一番難しいところだと言われ、そのまま不要物に分類されて中身も見られずに廃棄されてしまうと言ったことも起こりうるということなのです。

また、Eメールで案内されるDMも開封してもらわずにそのまま削除されてしまうということも多くあって、1日に送られてくる大量のメールからそのメールをクリックしてもらうということが最も大変なことだといわれているのです。

それに比べてFAXで送られてくるDMは原稿が紙にプリントされた状態で出力されるようになっており、受け取った側にとって中身が目に留まり易いです。

そのため開封率が高いということになるため開封というハードルを乗り越えやすいということなのです!

 

送りたい相手にすぐに送ることができる

FAXDMはFAX機で受け取るDMで、コスパや開封率といった点でメリットがある宣伝広告の手法になりますが、それだけでなくすぐに送ることができると言った点にもメリットを持つプロモーションツールです。

この方法は封書タイプのDMと異なり、原稿とFAX番号のリストがあればすぐに相手に送ることができるのです。

封書で送るDMと違い、印刷物を用意してそれを封筒に封入して発送するというプロセスがいらず、発送されてから届くまでの期間も必要ありません。

紙ベースの媒体を郵送すると言った場合であれば少なくとも1週間くらいの時間は必要になるでしょう。

しかし、このFAXで送るDMならFAX番号に原稿をセットして送信するだけですぐに送りたい相手に送ることができると言ったメリットがあるのです。

すぐに送れるということは反応もすぐに返ってき易いということでもあり、そうしたクイックレスポンスを得たいという場合にはこの方法は適しているということなのです。

そのため、FAXDMは送りたい相手にすぐに送れるというメリットがあるのです!

 

大量送信も可能などのメリットがある

FAXDMにはメリットが様々あって、この手法の注目の点として挙げられる他のポイントに大量送信も可能という点が挙げられます。

個人ではこの点はそう簡単でないかもしれないと言えますが、業者に依頼して送ってもらうという方法なら1度の送信で大量に送付するということが可能だったりするのです。

1時間あたりで3万通を配信できる環境が整えられている業者なら郵便物としてDMを送るよりもかなりコスト面で利点が在ると言えます。

受信する方の企業側にとっても、時間的にもいつでも読めますし邪魔にならないということもあって、FAXを受け取るくらいならそんなに印象は悪くないというところも多いということなのです。

さらに、白黒ベースのFAX原稿は原稿作成もシンプルで済むといった点などもあり、捨てる前に1度は目を通してもらえる可能性も高いというFAXによるDMは色んな点で長所が多くあり、昨今様々な人々から注目がなされているということなのです!

下の部分を申し込み欄にすれば手軽に返信してもらえるというメリットもあります。

 

メリットもあるけれどもデメリットもある

このようにメリットが様々挙げられるFAXDMですが、同時にデメリットも存在するといわれています。

例えば、このプロモーション手法はFAX機をもつ側にとって紙やインクトナーの負担が生じる広告手法になりますので、その性質上少なからずクレームは発生する場合があるということが挙げられます。

知らない人や企業からFAXが送られてきた時、自動的にFAX機械が印刷モードになって広告情報が印刷されます。

その際に宣伝を受ける側のリソースが利用されるといった点で受け取る側がどう考えるかということはあるのです。

また、このDM方法では基本的には白黒用紙1枚でしか情報を伝えられないという制限などもあるといえますので、掲載可能な情報量はどうしても限られるなどの点もデメリットといえます。

さらに、こうしたプロモーション方法では確率的に送信先リストの相手先が多いほど効果が得られやすいと考えられますが、アプローチする相手が少ない場合はそれだけ反応が得られにくいという指摘もあり、多くのリストが必要か、もしくはレスポンス率が高そうな相手をあらかじめよく選んだ上で送信することも必要といえます。

 

送信先の厳選は大きなポイント!

よりポジティブなフィードバックを得られやすい相手を厳選してから情報を送るということはこの手法の成否を大きく分けるポイントだとも考えられており、リスト作りはこの手法においても大きな課題といえるでしょう。

必要か不要かといった判断を情報の中身を見た上で行ってもらえるのか、見られずに埋もれたりそのまま捨てられてしまうのかという点では違いは大きいのです。

どんなにコストをかけて中身や情報の分かりやすさを工夫したとしても相手の目に留まらなければそれらの努力が全て無駄になってしまうからです。

こうした点でFAXを活用したダイレクトメールのアプローチは他の方法だと最も難しいと言われている開封というハードルを簡単に超えるという点でとても注目のプロモーション手法といえるのです。

 

FAXを用いてチラシやニュースレターなどの販売促進用のDMを送る手法がFAXDMになるのです!

この方法には1件あたりの送信にかかる費用対効果が高いといったメリットなどがあるといわれ、こうした活動をより効果的に行うためにメリットとデメリットを検討して利用するのがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧