口コミで評判!FAXDMの作成・配信代行業者5選をご紹介!【おすすめのコンサルティングサービス会社】

FAXDMのメリットとデメリットは?苦情は来ない?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

DM(ダイレクトメール)は封書やハガキなどでサービスや商品を宣伝する方法です。

最近ではウェブ広告も盛んに導入されています。しかし、これらの宣伝方法では必ず見てもらえるとは限りません。

もし確実に人に見てもらいたいならFAXDMをおすすめします。

 

手間をかけず効率的に配信できます

DMは封書やハガキで送るのが一般的です。その際は封筒・ハガキの費用だけでなく、印刷・ラベル貼り・封入と手間がかかります。

また、1通あたりのコストもかさみがちです。ネットが普及した現在はweb広告も多く利用されています。検索結果に表示させるリスティング広告はオークション制です。ネットに進出している企業が増えれば、競争相手も増えて単価が高くなります。

FAXDMは1通あたり数円というリーズナブルな価格で配信できます。あまり広告費をかけたくない場合や起業した場合に便利です。また、FAXDMなら目に留まりやすく開封率も高いです。封書はまず開封しないと見てもらえません。見ずに捨てられる可能性もあります。メールの場合もクリックしてもらわなければ意味がありません。FAXDMは原稿がそのまま出力されるので、一度は内容を見てもらえます。開封されるハードルがあらかじめないのはメリットでしょう。

すぐに送ることができるのが便利な点です。印刷から発送までの期間を必要とせず、原稿と番号のリストさえあればすぐに送れます。思い立ったら実行しやすく、反応もすぐに返ってきやすいです。即効性を求めている場合にも適しています。

紙として出力されるので気に入ってもらえば保管してもらいやすいです。FAXDMはA4用紙のサイズ1枚に内容を収める必要があります。また、他媒体のようなカラーバリエーションはなくモノクロ印刷です。原稿さえ作れればいいので作る労力も削減できます。

 

クレームの発生を防ぐ必要がある

FAXDMは比較的低コストで送信できるので、多くの企業に活用されています。訪問や電話の営業にありがちな手間と顧客側のストレスもありません。

しかし、受信する側のトナーや紙を消費してしまいます。その点に関してはクレームが発生する可能性が高いです。クレームでなくとも停止してほしいという要望もあるでしょう。稀に謝罪要求や紙代請求など悪質なクレームが発生する場合もあります。初めての人は送っても大丈夫か不安になるかもしれません。クレームの発生は対策を行えば可能性が限りなく抑えられます。

まずは原稿に案内の停止希望欄は必ず設けましょう。利用者は希望欄にチェックを入れて返信してくださいます。この欄がないと発信側の電話番号に直接電話しないといけません。受信側の手間はなるべく省いておきましょう。

停止依頼を受けたらそれ以降再度送るのも避けましょう。今後配信しないようにリストから削除し、番号リストのメンテナンスも行います。メンテナンス作業は手間がかかりますが一応やっておきましょう。

送る時間帯としては電話と同じで、朝早くや夜遅い時間は避けてください。一番大切なこととして、興味をもちそうな内容を送りましょう。

紙やトナー代を消費したのに、受信側がメリットを感じなければクレームに発展する確率が高まります。サービス内容がどのようなターゲットにマッチングするか考えてFAXDMを実施しましょう。

必ずしもではありませんが、個人宅や個人事業主の方への送信も避けましょう。個人事業主は経費が自己負担となるのでハードクレームを受けやすいです。従業員が数十名いる会社ではトナーの経費が自己負担となるケースは少なくなります。停止の依頼がきたら丁寧に対応し、以降はリストから確実に除外しましょう。

 

情報はなるべく簡潔に伝えましょう

FAXDMはFAX機に出力するので、どうしても情報が白黒のみになります。デザインに凝った広告を作りたい人にはデメリットになります。原稿1~2枚に限られるので、多いページ数を送信すると相手側の用紙やトナーを消費してしまいます。

かといってあまりに用紙やインクを消費するとクレームに繋がりやすくなります。沢山の情報量を伝えたい、ビジュアルに力を入れている方は不向きでしょう。もし少しでも多く情報配信したいならB4サイズによるFAXDMがあります。

業者によってはB4サイズでの配信に対応しています。B4サイズに対応していないFAX機ではA4に自動変換してくれます。用紙1枚では情報が限られているので、詳細はホームページなどに誘導しましょう。広告内にURLや検索キーワードを表記すれば興味をもってもらえます。その先で詳細情報やビジュアルをふんだんに盛り込みましょう。

 

FAXDMの利用方法は通常のFAXと同じです。モノクロ原稿を作成し、相手側に送信するだけでOKです。外に出て営業する必要なく、オフィスにいたまま簡単に宣伝が行えます。

一度に数百件と大量送信も可能なので、興味をもてば問い合わせしてもらえます。その場で見てくれるので反応も早いでしょう。ターゲットに集中的に営業をかければ効果がアップします。できるだけ安く宣伝をしたいときにも向いています。

内容や送る時間帯などいくつかの点に気をつけて作成してみましょう。

サイト内検索
記事一覧